ビッキ-よ、永遠に

Dscf0270s 8月2日、午後1時37分、

ビッキ-が永遠の眠りにつきました。12才と8ヶ月。死因は肺炎でした。いまだ信じられません。前の日、気になったので入院させたのだけど、自分で歩いて車に乗って病院の階段もヒョコヒョコ上がっていきました。予約をしておいたので、助手の方にリ-ドを渡して見送っていたら、クルッとふりむいたので「明日迎えにくるよ」って声をかけたのて゜すが、あれがビッキ-の生きている最後の顔になってしまいました。

いまになって考えてみると、何度も入院しているけど、連れて行かれるときふりむいたのは初めてでした。

辛くて悲しくて涙は乾きません。ぼ-っとしていると、ビッキ-のことばかり思い出してしまいます。土曜の朝何でもないように行ったのに、翌日の昼に死んでしまうなんて、誰が考えられるのでしょう。

Dscf0274s

いつかはこんな日がくることは覚悟していました。だけど、あまりにもあっけなくて本当に信じられなくて・・・ビッキ-が死んだ夜、リビングで一緒に寝ました。朝触ったら、冷たくてやっぱりダメなんだなと思い、声をあげて泣きました。でももうビッキ-は答えてくれない・・・

目一杯の愛情をかけて育てたコです。ペットと思ったことは一度もありません。早くに気づいてあげられなかったことが、悔やまれてなりません。

動物・あえて言うならペットを亡くされた方は皆同じ思いをしていらっしゃるのでしょうね。

この悲しみは、時が癒してくれるのでしょうか。残されたチョビの為にも、早く立ち直らなければ・・・昨晩仕事が終わって自宅へ帰ったとき、見上げた空は星が一杯見えました。

ビッキ-はお星様になったのですね。安らかに、そして永遠に。

| | コメント (60)

無垢な瞳

Dscf0358s

ビツキ-が癌と診断されました。

アポクリン線癌。非常に再発度の高いやっかいな癌です。

今回の手術は成功しましたが、予断は許せません。

なぜ?なぜ?

毎日のチェックと定期通院はかかせません。

しかもこの冬ビッキ-は11才になります。

なのでかなりの高齢で、体力がなくなってきているし

足腰も弱ってきています。

なんとか再発は免れたい・・・

静かに老後を過ごさせてあげたい。

頭ン中ビッキ-のことでいっぱいいっぱいなのに

次からつぎへと色んなことが起こるし、チョビのことも

忘れてはならないし・・・

どうすることもできません。

できうるかぎりのことを行動に移すしか何もできない。

もどかしいです・・・・・

あのコは私の命をたすけてくれた、だから私は

あのコを出来うる限り、苦しみから救ってやりたい。

こうしている間も本当なら傍にいたい。

ビッキ-は何を求めているのか、その無垢な瞳から

感じてあげたいのです。

今日もなるべく早く帰ろう・・・・・

| | コメント (30)

命の重さ

元気ですか---!!

は--

久しぶりの更新です。5ヶ月ぶりですか・・・。

あまりにも色々なことがあって、正直参っています。

鬱ですね・・・

実の所ケガ続きでして、靭帯損傷から変形性膝関節症

おまけに12年ぶりに難病再発・・・

まぁまだ緊急性はないとのことで経過観察で静養中です。

後縦靭帯骨化症という病気です。簡単に言っちゃうと

首の靭帯が骨に変わっていく病気です。

おまけに前回と同じくヘルニアも2ヶ所見つかりました。

いずれはまた手術でしょう。

前回と違うのはまだ傷みがないということでしょうか・・・。

あぁ、12年前の悪夢が甦る・・・。

前回の手術を執刀した先生には、10年くらいは大丈夫だよ

と言われたのを思い出してみると、すでに賞味期限が

過ぎたということですネ。納得。

この病気は国が特定疾患として認可しており、難病指定を

受けています。一生直らないのです。だから難病なんですが・・・

そういやこの間、久しぶりに救急車のりました。

狭心症の発作とわけわからん吐き気に襲われまして

自分自身これはちとヤブァイと思ってよびました。

入院はできないということで、点滴だけして帰りましたが、

ホントマジでやばかったです。

そのときに私の心に浮かんだのは、我が家のグレピ二匹。

あの子達のためにもここはふんばらないと、と強く思ったのです。

運ばれていく途中何故か涙があふれてきて、恥ずかしかったです。

泣きすぎて目のフチがはれて、暫く痛かったですよ。

看護婦さんが暫くついていてくれて、一生懸命なぐさめてくれました。

名前も知らない方ですが、ありがとう。感謝します。

私は何のためにこの世に生かされているんだろう?

そんなことを真剣に考えている今日この頃です。

| | コメント (3)

うひっ!

昨夜夜食代わりにと、たこ焼きを買った。

さっそく、ほうばると懐かしいソ-スの

かおり。う-ん、食べたいときに食べたいものを

食す。なんという贅沢。

で、たこ焼きは次々と胃袋へ。

途中こりこりっ、??

たこが2つ入っていた。うひっ、ラッキ-!

神様、サンクス。ワタシって単純。エヘ。

| | コメント (2)

ヒザぶっ壊れ!

とうとうヒザが壊れました。

総合病院でのお見立ては、変形性膝関節症。

3回に分けて70ccの水を抜きました。痛いのなんのって

そりゃあもう・・・悶絶しました。

ヒザが倍ほどにパンパンに腫れていたのですが、

まさかそんなに重症ダッタトハ・・・(ーー;)

ヒアルロンサンの注射もしてもらっていますが、一ヶ月で

見違えるほど、楽になりました。ヨカッタヨカッタ。(^^♪

原因はよくわからないそうですが、靭帯を痛めた後遺症?

加齢と加重。・・・・・おいおい・・・・

どうにもならんぞ----!

それでも弓を引く私に応援とクリックお願いします。

| | コメント (6)

春の嵐

この間の日曜日、埼玉まで行ってきました。

月例会です。楽しみにしていたのに、

当日は、物凄い砂嵐。道場をゴ-ッと通り過ぎる嵐で

的すら見えません。道場自体、半屋外なもんで、

えらいことになっていました。

耳の中までジョリジョリで、髪の毛バリバリ。

ショ-トヘアなのに、念入りに二度シャンプ-までしました。

しんどかったけど、埼玉の皆さんに会うのが

いつも楽しみなんです。いい人ばっかりで、癒されるんですよ。

弓にはいろいろな楽しみ方があるんですね。

| | コメント (3)

見取り稽古

Dscf0322s_2

師匠の本座での揖(ゆう)です。

腰からきれていて、背筋はまっすぐです。

きれいですね。さすがです。

弓と矢の線もそろっています。

いいお手本ですね。

Dscf0324s

胴作りの終わる頃。

どっしりとしていて、これもいいですね。

悠然とした雰囲気です。

これがなかなか出来ないのですよ 。

Dscf0328s_2

引き分けの始まりです。

下半身が、しっかりとしているのが

よくわかります。

身長が160センチしかない小柄な人とは

思えないほど、大きく見えます。

Dscf0346s

引き分けの途中を、後ろから見たところ。

肩甲骨が、寄りはじめているのがおわかり

でしょうか。

弓というものが、身体で引くということがよく

分かったような気がします。

しかしながら私にはマネすらできません。

(師匠、ごめんなさい!)

来月は審査です。やみくもに引くだけではなく

射法八節が、しっかりと出来るように

見取り稽古も大切だと思いました。

| | コメント (2)

財布がダイエット?

Dscf0282s

みなさ-ん!お元気でしたか-?

正月も過ぎ、豆まきも終わり、立春です。

暦のうえは春~

この間の雪はなんだったんでしょうか?大変でしたね。

部屋から見た真っ白な景色はサイコ-に綺麗だったけど。

Dscf0265s

我が家は毎日戦争です。

チョビのいたずらは日に日に増して、とうとう屋根つきのケイジに

入れてしまうことになり、早速買ったのですが、あわれ・・・

一ヶ月ももたずに破壊

すでに、写真のようなサイズではなく、ゴ-ルデンレトリバ-くらいに

大きくなりました。体重はたぶん40キロを超えているかも・・・

ビッキ-とのケンカもはんぱでなく、すでに制御不能。

乳歯の生え変えも近いのか、ケンカのたびに流血。

ビッキ-はなんでもないのに、チョビだけいつも血だらけ。

思ったより我の強いコだったようで、見ていると、いつもチョビが

ケンカの発起人です。困ったもんだ・・・

Dscf0312s

この頃が懐かしい。アウアウと言いながらの小競り合い。

ふたりの上下関係は未だに決まらないようです。

シッタ-さんの話では、私がチョビを甘やかしてしまったのが

原因でないかと。う-ん。そうなのか・・・

多頭飼いがこんなに難しいとは思ってもみませんでした。

ひとりぼっちのビッキ-がかわいそうで、よき遊び相手になってくれると

思ったのが大間違い。もっとよく考えたほうが良かったかも。

でも、迎えた以上、責任を持って飼わねばなりません。

なので再び、ケイジを買い換えることになりました。

可哀想なのは私の財布でした・・・ケイジ、3台目です。(涙)

気の毒におもったのか、業者さんが古い2台をオ-クションにかけてくれるという。

売れると良いんだが・・・

| | コメント (4)

お騒がせしました。

Dscf0260s

お騒がせしたが、3日後チョビは無事に退院した。

まったくしょうもないコだ。このウンコやろうめ。まぁでもなんでもなくて良かった。

Dscf0288s_2

しかし昨日チョビを抱っこしようとして愕然。抱けない。いくらふんばってもダメ。

半年ですでに30キロを超えているので、今のうちにと思ったが遅かった。

ビッキ-も60キロ。もはや抱くのはムリ。抱きつくしかない。こんなに成長が早いとは・・・

Dscf0300s

最近のお気に入りがこれ。わざわざ飛び乗って飛び降りる。このくりかえし。

ウザイよ、チョビ。なにがそんなに楽しいんだか・・・。

| | コメント (2)

食べすぎの行方

Dscf0302s

チョビが入院しました。下痢がひどく、元気はありあまっていますが、念のための入院です。

原因は、食べすぎ。

いけなかったのは私なんですが、納戸の扉が開いてしまい、中に潜入。

なかには、イタズラされては困るものだらけ。その中のビッキ-用のフ-ドを、これでもかというほどだ食べてしまった模様。ビッキ-用のフ-ドは、アレルギ-対策用のフ-ドで、これが、チョビは大好きなんです。しかし、この高価なフ-ドは困る。

なので、これもっけの幸いと、食べまくったようです。

しかし、食べすぎで下痢をして入院とは・・・・。あの子らしいといえばらしいのですが・・・。

なにしろ帰ってビックリ!!部屋中ウンコだらけ!足の踏み場もないとはこのこと。

掃除している間にもビ-ッとする始末で翌日即病院へ電話。心配なのでそのまま入院のハメになったわけです。

しかしまぁ、胴胎犬の中でも一番大きかったチョビ。たった半年ですでに30キロを越しています。ブリ-ダ-さんもその成長を楽しみにしておられます。なにかあったら大変です。

シッタ-さんの言うように防げるものは人間のほうで、未然に防がねばなりません。

今回のことは私のミスでした。早くよくなってね。チョビ。

怖いのは入院代。あぁ・・・またしても・・・・

| | コメント (5)

«弓道と出逢って